葉ごぼうの金平

盛り合わせて季節限定の
若ごぼうの金平完成、

酒の量が増えそうです。酒好きな方一度挑戦してみてください、味は保障します。



これらを油敷いたフライパンでよく炒め

水      100cc
ダシノモト  1袋
砂糖     大さじ  3杯
薄口醤油  大さじ  4杯
酒       大さじ   4杯
みりん    大さじ  4杯
 (これも、てげてげです、味見しながらあなたの責任で)
これらで調味して、中火で煮込み (煮込みすぎると歯触りが
無くなるので注意)
少ないですが、本来のごぼう仕上げたときの香りと歯さわりには欠かせない、 良く土を洗い落としささきりして冷水であく抜きをしておく
茎は細く斜め切りしておく
フライパンに油を敷き刻んだ葉っぱを炒め次の調味料で味付けする
水        50cc
ダシノモト    少々
砂糖       大さじ 2杯
薄口醤油    大さじ 1.5杯
酒         大さじ 1.5杯
みりん      大さじ 1.5杯
  (てげてげです、味見しながら仕上げはあなたの責任で)
水気がなくなるまで中火で煮込み、葉っぱの調理は終わり、  
水気を取った葉っぱを小さく刻む
5ミリ位
ゆがいた葉っぱは冷水で冷まし、水気を十分に搾り取っておく
沸騰したお湯で葉っぱを1分程ゆがく
良く水洗いして葉っぱと茎は別々に炒める
意外と痛みやすい食材なので購入してから
何日もの保存は禁物です。






この時期店頭で見かける”葉ごぼう”
本来のごぼうとしては使えませんが
茎、葉っぱを炒めると非常にうまい
画像は市販の2袋分

 この時期からから春先まで店頭で、”葉ごぼう”が目に付きます。
これとワカメのメカブを見かけると春は近いと感じます。
毎年、この葉ごぼうの金平を作るのが楽しみで我が家の定番となってます。以下その作り方を
説明します。 (葉ごぼうは固有の物で根っこのごぼうの部位は大きくならず葉っぱだけが80センチ
位まで伸びます、元来香川県の特産ですが最近は可成り普及して各地で生産されています)
                                              2008/2/26