めかぶの佃煮

先般、田尻の海の釣り堀に行った時、朝市でめかぶ
(わかめの茎)を見つけ同行のY氏の奥さんに調理法を教えてもらい以来4回目の挑戦、ようやく自分のものにして自信をを持って公開します。

材料
 めかぶ            500g
 シメジ (ぶなシメジ)    3袋 (小粒の物が良い)
 きくらげ(乾燥刻んだもの) 2袋
 刻みしいたけ         適量

黒いめかぶを熱湯に通すと見事に緑色のきれいな色に一瞬に変わります

いい香り、、!
この粘りは すごいぞ
うんまか〜

全てを加えて強火で沸騰させ2時間ほど弱火で煮込む、

湯通しした、めかぶを細かく刻みますが納豆みたいな粘りが出て非常に刻みにくい、一番の難所である。
調理の後、まな板、包丁の粘りはなかなか取れない

完成、後は自慢しながら近所に配るだけ

甘からず、辛からず、好みにより調味料の加減をします。

全ての食材を良く混ぜて調味料を加える

みりん         50cc
醤油(濃い口)    200cc
きざら          200g
酒            100cc
酢            40cc
だし           2袋